スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かに生きるものは、よりよく食べる。

 まずは何より、装丁がすばらしいですね。
瀬尾まいこ『卵の緒』は文庫本は中古だとAmazonで一円とかで買えますが、単行本のデザインのほうが個人的にはかなり好きです。

 さて、瀬尾まいこさんのデビュー作であるこの本をはじめとして、彼女の書くお話には"食"のシーンが多数登場します。
食べ物を食べているシーン、食事シーンが多く、尚且つ印象的なのです。
端的に言えば、物語の登場人物は、実に美味そうなものを、美味そうに食べる。
もちろん物語の大筋には起承転結があり、事件、ないし展開は起こるものの、それよりも食べ物のシーンや、毎日を淡々と、静かに過ごす様子がすがすがしく描かれています。

 「静か」に生きる、ということは、周りから常に押し寄せるノイズから、気持ちを解いておくこと。
すなわち、目の前のことに一生懸命になればいい。
瀬尾さんの本の中では、それがご飯、というわけです。
この本に収録されているお話「卵の緒」、「7's blood」、どちらも両親、兄弟、家族の"血"が問題になっており、ストーリー設定だけ見ればちょっと軽めの昼ドラのそれと大差ないような感じすらありますが、このゆるやかさ、優しさはどうでしょうか。
日々何かに気を取られていては取りこぼしてしまう、「食べることは、生きること」という当たり前のことを、自然に、かつ真剣に実践するだけで、なんだか「静か」でいられるような気がします。






瀬尾まいこ『卵の緒』
マガジンハウス 2002年
スポンサーサイト

静かな「こころ」

 八木重吉は、1898年、今の町田市にあたる場所に生まれ、29歳にして結核で亡くなった詩人です。
短い詩、ひらがなの多い詩を多く残しており、キリスト者であったこと、家族がいる中で病床に臥せったことが作風に影響を与えている、などといわれています。


 やすらかな
 死がまっている
 いらいらとするな
 いらいらとしても
 こころのそこはやすらかにあれ
 


 しばらく
 ちんもくのせかいへゆけ
 ちんもくはぬぐうてくれる



 くものある日
 くもは かなしい

 くものない日
 そらは さびしい



 三篇引用しましたが、どれも五行以下なのにも関わらず、重吉ならではの世界観があります。
おそらく彼は薄味に至上の旨味を感じ、一瞬と永遠を区別せず、透明に極彩色を見たのだろう、と思います。
私は、仏教の考え方で言う「悟り」に近いものを彼の詩から感じます。
しかしその反面、宗教色が飛び切り強いわけでもなく、人懐っこさがあります。
彼の詩はまっすぐに、私たちのこころの真ん中に飛び込んでくる。
ことば、というものの美しさを教えてくれます。

 八木重吉の詩がもつ、せつなさ、はかなさは、私たちを癒すとともに私たちのこころに揺さぶりをかけてくるようでもあります。
病床に臥せり、子供と遊んだり一緒に過ごしたり出来ないこと、自らの死と向き合わなければならないこと、そうした歯がゆさ、どうしようもない、やるせなさがありながらも、「静か」なことば達。
彼の繊細なこころを感じることが出来る、マスターピースです。






『八木重吉詩集』
佐古純一郎 編
彌生書房 1968年
函付

静けさと怒り

 「怒って」いることと、静かであることは相反しないのではないか?

 岡本太郎の『美しく怒れ』は『芸術新潮』や『太陽』等に寄せた稿を再編したもので、87年~88年の著作を中心に、古いものは1967年、新しいものだと1991年に書いた稿が収録されれいるのですが、考え方は一本筋が通り、この本にも統一感があります。
この本のテーマは"日本人"とのことで、始まって数行で「すくみ合い、妥協し、堕落している一般的なずるさと倦怠が腹立たしい」と、現代の日本人を批判し、怒っています。
「芸術は爆発だ!」などの発言からも、激しく、情熱的であるというパブリックイメージがあるであろう岡本太郎。
ですが、実は、岡本太郎の「怒り」は、心を煮えたぎらせるようなものではなかったのではないか?ということを感じます。
太郎の「怒り」とは物事の本質を見極め、咀嚼し、感じ取ることによって成せる、純粋な子供のような、豊かで透明な怒りです。
「おどろき」といったほうがニュアンス的に近いかもしれません。
「空が青い!」とか、「何故大人たちは全力で遊ぼうとしないんだ!」とか、そういった物事の本質にぶつかっていくような「怒り」。
「○○で儲かった、損した」、「○○のせいで上手くいかなかった」など、そういった類のケチクサイ怒りではなく己を貫き、正直に表現していく、純な「怒り」。
心がひとつの海のようなものだったとして、そうした質の高い「怒り」は、果たして波風を立てるものでしょうか。

 岡本太郎ほど真っ直ぐに、心をクリアーに、凪いだ状態に保ち生きることは、至難の業ではありません。
しかし、「凪いでいる」状態を保ちつつ「怒る」こと、そうした「怒り」があると思うだけで、不必要に心を荒れさせることは少なくなるかも知れません。

 ちょっと自己啓発的な内容でないこともないですが、それにしては余りにも示唆に富んでいる一冊です。






岡本太郎『美しく怒れ』
角川書店 2011年
新書