スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下鴨納涼古本祭りへ行ってきました。

下鴨納涼古本祭りへ行ってきました。
出町柳駅のほうから、"鴨川デルタ"と呼ばれる二つの川の合流地点のほうから、下鴨神社境内に入っていきます。

看板。



緑の屋根に覆われた馬場にはずらっと並んだテントと、本を探す人々。
むせ返るような緑のにおいを凌ぐ、古本の、あの、香りです。
あの30年モノのウィスキーのようなあの香りが、馬場にほんのり立ち込めています。

その緑の屋根のおかげで(その日は曇っていたことも一因するかもしれませんが)、光はあまり入ってこず、
むしろ薄暗いじめじめした、しかも日陰なのにものすごく蒸し暑い中、老若男女がうちわをあおぎつ、本を探していました。
しかもいつ雨が降るともわからない状況で(この日は予報では雨でした)!
人々が本にかけるその情熱よ。


基本的に白いテントの下に、各々持ち込んだ木の書棚、光がさえぎられる場所には裸電球。
お店の店構えは街で古本屋めぐりをしているときとは違い、どの書店が浮いてる、個性がある、などの差異はほぼ無く、
それだからこそ、本の内容を一瞥しただけでお店の個性が強烈にわかる。
これもこの古本市の面白みのひとつではないかと思いました。

基本的にどのお店も木箱タイプの積み上げられる書棚をお持ちになっていることが多いようですが、
中にはこういったラフに積み上げてある一角も。

これはこれで掘り甲斐がありそうでワクワクしますが……。


この日は結局、ちょこちょこ移動しながら(移動した先々で蚊に食われながら)、数冊購入。
ちょうど京都に滞在していた友人と鴨川沿いでビールを呑んで帰ってきました。


あと数日、京都に滞在できれば、あと何回か行って数冊買い、シメに五山の送り火を見ることも叶ったのですが、
個人的には数年ぶりに夏休みらしい夏休みをもらえたので、それだけでも良しとしましょう。
古書の名店ひしめく京都の一番有名な古本市とあって、ほかにも語りつくせぬ魅力があるように思いますが、
毎年、無理なら二、三年に一度は来て、何個か魅力を発見し、いいと思い、
また来よう、と思うほうがなんだか楽しい気がしました。


また来よう。

買った本たちは夏が終わる前にはアップしようと思います。
スポンサーサイト